BLOG

HOME» BLOG »だから、仕上材は人にやさしく安全でありたい。

BLOG

だから、仕上材は人にやさしく安全でありたい。

だから、仕上材は人にやさしく安全でありたい。


 

最近暖かくなりつつあった豊岡ですが、今日は雪が降り寒い日になりました。

 

冬といえば、みなさん結露に困っていませんか?

 

窓ガラス、サッシなど、拭いてもすぐ結露してしまったり、

ひどい場合だと壁まで結露してくることがあります。

 

そこで、結露対策をいくつかご紹介します。

 

今日は、防露性能のあるフジワラ化学の珪藻土仕上材についてご説明します!

 


 

建物は本来、外の環境変化などから、そこに居住する人を守るべきものです。

建物そのものが原因で、人の健康を害することがあってはなりません。

しかし、最近の建物は省エネなどの面から断熱性を求めるあまり、隙間をシャットし

機密性を高める傾向にあります。こうして閉じ込められた室内空気の換気が不十分だと、

家具や各種の建築部材から放出される化学物質の完全な排出までにはいたらず、

目やのどが痛くなったり、アレルギーの原因になったりと

様々な健康問題を引き起こすことになります。フジワラ化学の珪藻土仕上材は、

水系で天然素材を多く使用した塗り壁材です。

シックハウス症候群に代表される健康問題解消の一助となり、

人に優しい清潔な室内環境を保ちます。

 


 

珪藻土とは、藻類(プランクトン)の死がいが、海底や湖底に長年にわたって

 堆積してできた粘土状の泥土で、保温・断熱・防露・調湿・遮音・脱臭などの

 機能を持ち、古くからコンロ・耐火れんがの原料や、ビールのろ過材・吸着材・脱臭材

 などとして幅広く利用されています。

 

 

 ≪ 特 徴 ≫

 

 

◆結露防止

 水分を吸収できる機能が高いため、壁面や窓ガラスに

 不快な結露が発生しにくく、防カビ性にも優れています。

 

 豊岡市江本にありますモデルハウスの一階にも

 珪藻土塗り壁を使用しており、結露は発生してません!

 

 

◆調湿性

 室内の温度が高くなると、珪藻土仕上材が水分を吸収し、

 乾燥状態になると逆に水分を放出し、急激な湿度変化を抑制します。

 

 

◆脱臭性

 珪藻土の持つ微細孔は、アンモニアなどの悪臭物質・有害物質を吸収し、

 室内空間をクリーンに保とうとする働きがあります。

 

 ペットを飼われている方はうれしい機能ですね!

 

 珪藻土塗り壁をしたお客様から、

 「室内で焼き肉をしたけど、次の日臭いが気にならなくてびっくり!」

 といったお声もいただきました!

 

 

◆断熱性

 珪藻土は熱伝導率が低く、断熱機能が高いため、

 夏は涼しく、冬は暖かな快適空間づくりが可能です。

 

 

◆多様な仕上げ方法

 しっくい調のフラットな仕上げから、アサ入りやワラ入りの仕上げ、

 波模様の仕上げ、さらには、土壁調の仕上げと多様です。

 

 

また、袖長建設は左官工も行っております。

熟練された左官職人がいますので、安心しておまかせください!!

 

 

                            広報担当 野竿

 

 

2015/02/27